【泣ける話】大好きなおばちゃん -思い出の味-

これは、もう3年前になります。

 

自分が、まだ高校に入ったばっかりで、
楽しくてしょうがない時に起こった出来事です。

 

昔、よくお世話になったおばちゃんが死んでしまいました。

 

小学生の時には、よく遊びに行ったり泊まったりして
山菜取りなど、色々なことしてくれました。

 

自分は、おばちゃんが大好きでした。
でも、自分は学年が上がることにより、
おばちゃんの家に泊まりにいかなくなりました。

 

だけど、おばちゃんは俺や家族の事を心配なのか、
いっぱいやさいを送ってきます。

 

特に、多いのがゼンマイの煮物でした。

 

だけど、ゼンマイが嫌いだった僕は一つも、
手を付けることが、ありませんでした。

 

だけど、電話で美味かった?と聞かれるので、
美味かったと嘘をついていました。

 

あるとき、また電話が掛かってきて、
ゼンマイ送ったから食べてと言われました。
そして、ゼンマイの煮物がおくられてきました。

正直、食べる気なんてさらさらなく、
いつものように、嘘をついて美味かったと言いました。

 

そしたら、大喜びしてくれました。
そして、また遊びに来なさい。
ゼンマイいっぱい作って待ってるからと言って切りました。
それが、最後の電話になりました。

 

それから、3日後に亡くなり。
急遽、福島に帰り葬式に行きました。

 

そこには、変わり果てたおばちゃんの姿がありました。

 

自分は、頭が真っ白になりました。
葬儀が終わり、通夜の時皆は、酒や料理などを食べて、
楽しくやっていましたが、
自分だけは、どうもそんな気分では無く、
おばちゃんの遺影の前で呆然としてました。

 

そんな時、おばちゃんの娘さんが京ちゃん
これお婆ちゃんが京ちゃんに作ってたやつ。

 

すると、大きなタッパーに山盛りのゼンマイの煮物が
入っていました。

 

自分は、気が付くとゼンマイにがっいていました。
食べながら涙が止まらなくなりました。

 

凄く懐かしい味、忘れていた味、思い出の味
自分は、泣きながただひたすらに食べていました。

 

最後に、おばちゃんすんげぇ美味かったよ…
それだけ言って、おばちゃんの遺影の前で泣き崩れました。

 

今でも、あの時の味は忘れていません。
自分の人生の中で最高に美味しいゼンマイの煮物です。

 

そして、おばちゃん死んでしまう前に
遊びにいけなくてごめんなさい、
食べてないで嘘ついてごめんなさい。

 

今でも、墓参りに行くとおばちゃんが、
笑顔でゼンマイ作って待ってるきがします。

 

もしおばちゃんが、生きていたら言いたいことがあります。
いつも、笑顔と元気ありがとね

 

ゼンマイ美味かったよ、また食べたいな…

 

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ