ミッキーからの手紙【感動する話】

妹が八歳の時、
夏休みにディズニーに行く計画が立てられました。

 

でも妹は直前の検査で入院が決まってしまい計画は白紙に。

 

元々妹は入退院を繰り返していた為
家族はすぐに諦めがついたのだけど

 

妹にとっては初めての家族旅行ということもあり中々立直れず
大分ふさぎ込んでしまっていました。

 

そんな中ある日絵ハガキが一通自宅に届きました。

 

それは私宛てで差出人の名前はなく一言だけ
「いつかきっとミッキーに会えるよ」
というような事が書いてありました。

 

私は残念ながら妹とは正反対の現実的な子供だったので
絵葉書はとりあえず意味が分からんとスルーしました。

 

が、その日の夜妹の病室に行くと妹も同じ絵葉書を持っていて
正にベッドの上を跳びはねる位の勢いで喜びまくっていました。

 

聞くと妹はミッキーがハガキをくれたのだと思い込んでいました。

 

だって消印がディズニーランドだ!
と言われ初めて私もそれに気が付きました。

 

当時私達が住んでいたのは
ディズニーに日帰りでは行けない地方の田舎です。
差出人に思い当たる人物はいませんでした。

不審に思いながらも妹のあまりの喜びように押され
私もハガキはミッキーがくれたのだと少しだけ信じました。

 

あれは当時新米だったある看護師さん達がくれたのだと
十数年経ったつい最近に知りました。

 

なんでも出身の学校がディズニー近くらしく
妹のふさぎ込む様子にお友達と連絡を取り合って
送ってくれたそうです。

 

妹はその後元気になったらミッキーに会える、
と明るく療養生活を送れました。

 

また私も妹が病気で両親妹にかかりっきりな中で
毎日しっかりしなきゃ大人にならなきゃと思っていたのですが
しばらく子供らしいいい夢を見させてもらいました。

 

あの時の新米看護師さん達、
本当にありがとうございました。
来月初めて家族でディズニーに行きます。

 

懐かしい想い出として
うっかり口を滑らせた母は慌てていましたが
私は謎がとけると同時に心底感謝しました。

 

妹にはこの先も差出人の正体は言いません。

 

私にまで気遣ってくれた看護師さん達
今更だけど本当にありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ