【泣ける話】オムライスとご飯【親友の感動する話】

20年前ぐらいの前の話。

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、
すげぇー貧乏だった。

子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
飯食いに行こうって話になった。

メニューの漢字・・・読めなかった。

読めたのは、
一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」
って店員に言った。

 

店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。

そしたら同級生
「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・

店出た後、同級生が一言
「うまかったな」って言った。
「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。

そいつは今でも親友です。

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ