【感動する話】昔話『天国と地獄』

地獄にある食堂のテーブルの上には、

たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。

 

食事の時間になると、

地獄にいる人間達が食堂に続々と入ってきます。

 

彼らはいつも愚痴ばかりで不平不満をこぼしてます。

 

その性格が滲み出てるのか顔まで嫌な顔。

体は餓鬼ように骨と皮だけのやせ細った手足に、

ぽっこりと膨らんだお腹をしています。

 

みんなテーブルを囲んで席に着きました。

 

テーブルの上には長い長いお箸が置いてあります。

手で食事をする事を禁じられているので、

その長いお箸を使って食事をしなくてはなりません。

 

彼らは必死にそのお箸でご馳走を食べようとするのですが、

お箸が長すぎて自分の口に食べ物が入りません。

 

結局、何も食べる事ができず、

空腹のまま愚痴をこぼしながら食堂を出ていきました。

 

一方、天国の食堂はというと、

テーブルには地獄の食堂と同様に美味しそうなお料理が並んでいます。

 

天国にいる人達はいつもニコニコ。

幸せそうな顔をしてます。

 

食事の時間が始まると、彼らはテーブルを挟んで座り、

地獄に住む人達と同じ長いお箸を使って食事を始めた。

 

もちろん、

天国でも手で食べることは許されてませんが、

みんな楽しそうに食事をしています。

 

地獄の食堂と違う唯一の点は、

彼らはそのお箸を使って、

自分の向かい側に座る人に食べさせてあげてるんです。

 

そのため全員が楽しく食事ができて、

満足そうに食堂をあとにしました。

 

天国でも地獄でも、置いてあるものは何も変わりがありません。

何一つ変わりがないのに、自分の事ばかり考えていては幸せにはなれない。

相手のことを考えられたならば、自分も幸せになれる。

この心のあり方が大切ですよね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ