【東日本大震災】マスコミが報じないバングラデシュからの寄付

震災からもうすぐ3年半。
あなたは知っていましたか?

 

バングラデシュの小さな村で、
多くの人が1日たった200円の収入の中から
その半分を日本のために寄付していたことを。

 

“日本のために何かしたいけれど、
 私たちは貧しいから
 大きな力にはなれなくてごめんなさい”

 

そう言ってくれる人たちがそこにいたことを。

 

——-

 

特にマスコミが報じることもなく
ほとんどの人が知らないと思います。

 

貧しい暮らしの中から
一日の収入の半分を他国の人の為に
差し出すことが出来る心とは

 

いったいどのようにして育まれたのでしょうか。

 

輝く子供たちの笑顔を見ながら
そんなことを考えました。

 

- 管理人 -

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ