【東日本大震災】津波で不明の娘が書いた手紙届く【泣ける話】

東日本大震災の津波で行方不明となった
岩手県大槌町臨時職員の娘(当時26歳)から

 

今年1月、父親(59)と母親(51)宛てに1通の手紙が届いた。

 

 

2004年に訪れた愛知県で、
10年後に届くよう娘がしたためたもの。

 

思いがけなく届いた手紙で娘の気持ちを初めて知った父親らは、
「しっかり生きねば」と心に誓っている。

 

娘は03年に高校を卒業し、
バスガイドとして京都府のバス会社に就職。

 

その後、大槌町に戻って町の臨時職員になった。
震災時は町役場にいて、津波にのまれたとみられる。

 

自宅は被害を免れ、両親も無事だったが、
娘は見つからず、両親は約半年後に痛恨の思いで死亡届を出した。

 

娘に町に戻ってほしいと思っていた父親は
悲しみに打ちひしがれ、

 

「いつ死んでもいいと思う日もあった。
大槌に呼び戻さなければよかったと悔やんだ。」

 

仕事を終えて帰宅した父親が、
自宅のポストに白い封筒を見つけたのは、今年1月12日。

 

「どっかで生きてるのか。」

 

まさかと思いつつ封を開けると、
中には一日も忘れたことのない
きちょうめんな字で書かれた便箋が2枚。

 

バスガイドだった04年1月10日に、
愛知県犬山市の博物館「明治村」で、
手紙を10年間保管して届けるサービスを利用して出されたものだった。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ