【泣ける話】自衛隊さん、ありがとう【阪神淡路大震災】

「若者の代表として
 ひとつだけ言いたいことがあります・・・」

 

焼け野原に立つ避難所の一角で、
その青年は拡声器を握り締めて話し始めた。

 

真っ赤に泣きはらした瞳から流れる涙をぬぐいながら、
搾り出すように、しかしハッキリと話を続ける。

「これから僕らがこの神戸を
 立て直していかなければなりません。

 その後ろを押してくれたのが自衛隊の人達です」

 

周りにいた大人達も涙を流し、
そして思わず、今日別れることになった
陸自・災害派遣部隊の人々に駆け寄る。

 

「長い間、ありがとうございました!」

 

青年はそう叫ぶと、ひとりの自衛官の胸に飛び込み、
そして声を出して泣き出した。

 

自衛官も頼もしい腕で抱きしめ、共に泣いた。

 

 

”自衛隊さん、ありがとう”

 

そう書かれた横断幕が風で揺れる中、
自衛隊最大の任務はここに幕を閉じた。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ