芸能人の感動話「自殺しようとしていた芸人」

 

ガンダム芸人の若井おさむは

彼は幼いころから日常的に、
兄と母親から相当な虐待を受けていました。

 

それは彼が20代前半の頃までずっと続きました。

 

それに耐えかねた若井は、
自宅を離れ、
小さな居酒屋を始めることにします。

 

開店費用は父親が出資してくれました。

 

気の小さい父親だったそうなんですが、
父親は若井の味方でした。

 

じつは、
若井がずっと家を出るのを躊躇していたのは、
この父親のことを気にしていたからなんです。

 

心配ではあった彼ですが、
生家を離れて新しい生活を始めることが出来ました。

 

そして、
早く離婚して自分のように離れた方がいい。
と父親に強く伝えました。

 

…そこから数年後のことです。

 

若井は、
父親が兄と母親から暴力を振るわれているというと事を耳にします。

 

案の定、
若井がいなくなったことで
虐待をする対象がいなくなったため、
父親に標的を移した、というわけです。

 

若井はすぐ、
一刻も早くあの場から離れたほうがいいと勧めます。

 

前から言ってはいたんですが、
なかなか決断できない父親に対し、
本当にいい加減に離婚した方がいいと、
強く言ったわけなんですね。

 

それから数日後、

 

父親が若井の元を訪ねてきて、
ついに

 

「離婚することに決めた」

と報告をしてきます。

 

安堵した若井だったんですが、
その日の夜の出来事でした。

 

その父親が、
首をつって、亡くなってしまうんです。

 

報告してきた後に、
自ら命を絶ってしまいました。

 

…父親の葬儀、
親戚などいる前で、
若井は兄と母親に

 

「お前らが父さんを殺したんや!!」

 

と訴えました。

 

しかし、
母親方の親族たちには、
全く取り合ってもらえず、
なにも理解されないまま、
葬儀はただ終わっていきます。

 

その後の遺産相続の事などあったんですが、
若井は、もう関わりたくもないと思ったのでしょうか、
自分から、
父親の財産相続等のすべてを放棄する旨を念書に書き、
母親らに渡します。

 

相続は自ら放棄した若井だったんですが、
居酒屋の件が残っていました。

 

ここで追い打ちをかけるように、
あの居酒屋さえも母親方に奪われてしまいます。

 

つまり、
あの居酒屋の出資者は父親であったため、
父親名義のまま。

 

しかも、
その頃にはかなり繁盛していた店だったにも関わらず、
若井は全てを失ってしまいました。

 

若井は途方に暮れて、
絶望します。

 

若井おさむは、
東南アジアの方に、
ひとり旅を始めます。

 

リュックの中にはロープを入れて。

 

彼は最後に、
死に場所を探すための旅にでました。

約数か月間、放浪したのち、
現地で日本人観光客と出会います。

 

少し話などをして、
なんとなくふと

 

「いま日本ではなにがやってるんですか…」

と聞いたそうです。すると、

 

「うーん、そうですねー。あ、ダウンタウンの松本人志さんがドラマに出てますね」

 

「・・・・え?」

 

若井は驚きました。

 

実は、彼は熱心な松本のファンで、
テレビ・ラジオ・本などは欠かさずチェックしているほど大好きだったんです。

 

だからこそ、松本が以前から

「ドラマや映画などは絶対にやらない。笑い一本」

 

ということを知っていたので、
とても信じられない情報でした。

 

もう死ぬことは決めていたんですが、
その事が気になった若井は一旦日本へ帰り、
本当かどうかだけ確認しに行くことにしました。

 

「松本さんがドラマをやるはずがない。」

 

またすぐ戻るつもりで、
とりあえず松本さんの
ドラマの件だけは確かめておこうと、
一旦日本に帰国しました。

 

 

 

帰国してすぐにテレビをつけ、
ドラマが放送する時間を待ちます。

 

すると、

『 伝説の教師 』

というドラマが放送されてました。

 

あの観光客が言った通り、
松本人志が主演で、
中居正広と一緒にドラマに出ていたんです。

 

本当だった!

 

と驚く若井はドラマに見入っていていたんですが、
この放送が第8話。
奇しくも、自殺をテーマにした話だったんです。

 

「自殺は絶対にしてはいけない」

 

というメッセージを込めた話を、
たまたま会った観光客から聞いて、
帰ってきてすぐ見た回が、
偶然自殺の回だったんです。

 

若井おさむはテレビの前で一人、
号泣し、自殺を思いとどまったそうなんです。

 

その後、松本人志に憧れてお笑いの道を志し、
NSC(吉本お笑い養成所)に入り、芸人になりました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

「YouTubeで毎日が給料日」
元ソフトバンク社員@29歳が編み出した
YouTubeで毎月10万円以上稼ぐ裏ワザ